意外に簡単!銀行カードローンの申し込みの流れ

銀行というと思い浮かぶイメージは、手続きのために混雑した窓口で何時間も待たされたり、平日の15時に間に合うよう駆け込む姿です。
確かに預貯金や一般的な融資、各種の変更手続きを行う際には、混雑する窓口を利用しなければなりません。
ですが、カードローンの申し込みの流れは少し異なります。
店頭でも申し込みができますが、専用の窓口が設けられているケースも多く、待たされずにスムーズに利用が可能です。
また、店頭窓口による手続きだけでなく、窓口の営業時間終了後でも利用できる自動契約機やコールセンター、郵送、インターネットによる方法も利用できます。
申込時には、個人情報や収入や勤務先といった信用情報を登録します。
これは借り入れの可否を決める審査で、重要な判断材料となります。
そのうえで、本人を確認するための書類を提出しなければなりません。
一定額以上の借り入れを希望する場合には、収入を証明するための源泉徴収票などの書類の提出も必要です。
こうした書類のやりとりも、インターネットやコールセンターの場合は、画像のメール添付や専用アプリ、FAXなどを使ってできるので、店頭に出向く必要はありません。
審査が完了すると審査結果が通知されます。
郵送の方法を除き、最短30分程度で連絡が入ります。
郵送の場合は書類が配達されるまでに時間がかかるため、お金を借りたいときに数日から1週間程度を見ておきましょう。
審査が通れば、正式な契約を交わし、ローンカードの発行をうけるか、もしくは銀行口座への振込みにより借り入れが可能になります。

line